男性と女性

夢を見つけたならネイリスト求人に応募しよう

  1. ホーム
  2. 工事現場を管理

工事現場を管理

作業員

施工管理とは、建築する際に必要な工程管理や安全管理、原価や品質の管理をする作業のことをいいます。施工管理を行うことで、決められた予算内と期間内で工事を終わらせることができます。施工管理が行える施工管理技士として現場で採用してもらうためには国家資格を取得する必要があります。施工管理技士の資格は土木、建築、管工事、電気、造園、建設機械の6種類の工事に分かれているのが特徴です。試験を受けるには、主催者側で決められた実務経験を積んでいる必要があります。そして、その実務経験は自分が資格取得したい種類の工事でないといけません。施工管理は現場監督として指揮、指導をしながら工事状況を確認していく重要な立場になるので、6種類の工事のなかでも1種類の専門の立場として採用されます。

工事現場で働きたい、工事現場で働いていてスキルアップしたいという方が目指すのが施工管理技士です。施工管理技士は実際に現場での実務経験を積んでいかないと資格を取得することができないので、その工事の専門的な立場になることができます。施工管理技士になることで、工事を進めていくうえで大切な管理能力、リーダー能力もつくので自分の成長にも繋がることができます。この資格を持っていることで転職する際にも非常に有利になります。中途採用として採用する会社側のほとんどが現場でスムーズに対応できる即戦力となる人材を求めているので、資格を持っていることで実力を見極めることができます。工事現場員として今後活躍していきたい方が利用する資格となっています。